トップメッセージ

Top Message

トップメッセージ

画像

卓越した技術力と
洗練されたデザイン力で、
新しい時代の「造園」を描く。

石勝エクステリアは、江戸城の石普請に功績のあった石屋の勝五郎を祖とする穴太衆(あのうしゅう)「石勝」(1706年創業)の流れをくみ、1972年に設立された総合造園企業です。1975年には東急不動産グループの一員となり、以来40年以上にわたって、みどりの先駆者として豊かな環境創造に努めてきました。

自然と共生する空間づくりのプロフェッショナルである私たちは、「みどりとともに」を企業スローガンに掲げ、伝統と経験に裏打ちされた卓越した技術力と洗練されたデザイン力を強みに、多彩な事業領域を通じて、やすらぎと癒しの空間を創造しています。私たちが描くランドスケープは、戸建住宅やマンションなどの人が住まう環境から、商業施設やオフィスビルなどの都市開発に至るまで、多岐に渡っています。

なかでも、当社独自の都市緑化技術は、「東急プラザ銀座」の屋上を彩る壁面緑化工法、「109シネマズ二子玉川」の玄関を飾る屋内壁面緑化工法、「東急プラザ赤坂」のオープンコリドールで歩行者を楽しませる立体型緑化工法など、さまざまな都市空間で活躍しています。また、戸建住宅の街並み計画、マンションの外構・植栽、伐採せずに樹木を移植する技術(TPM工法)など、つねに新しい工法を開発・運用し、人々の生活空間と自然との調和を具現化しています。

造園事業は施工して終わりではなく、長期的に自然環境を維持していくことが何より重要です。私たちは、集合住宅の緑地管理、都市公園の指定管理、ゴルフ場のコース管理といった管理運営事業に積極的に取り組んでおり、その対象は現在、全国へと広がっています。

環境意識の変化や生活の多様化などを背景に、造園事業に対する社会的な関心は年々高まりを見せています。私たちが築いてきた「石勝ブランド」の価値を再確認し、新しい時代の「造園」を描くリーディングカンパニーへと進化していくため、このたび全社を挙げてブランドメッセージを策定しました。私たちの価値の源泉である人材を育てる取り組みを強化し、これから社員一人ひとりが、美しい景観・風景・風土を次世代に残すために行動してまいります。10年先、100年先、1000年先を見据えながら、お客さまに喜ばれる空間づくりに挑戦し続ける石勝エクステリアに、今後もご期待ください。

代表取締役社長

細井俊宏